乳がん検診の検査項目の内容について

乳がん検診の検査項目の内容について

乳がん検診は受診する医療機関によって異なる部分もありますが、検査項目としては医師による問診と視触診から始まり、マンモグラフィー検査や乳腺エコー検査を行います。医師による問診と視触診の内容は、過去の病歴や出産経験などを問診し、視触診では乳房と腋窩リンパ節や鎖骨リンパ節にしこりが無いかを触診し、視診は皮膚に炎症が無いかと乳頭からの分泌液に異常がないかをチェックします。その後、マンモグラフィー検査か乳腺エコー検査を行いますが、年齢によって変わってしまいます。20代や30代の女性の場合、マンモグラフィー検査だけでは発達している乳腺と病変の区別がつきにくく、精度の高い検査ができないため乳腺エコー検査と合わせて行います。乳腺の発達が落ち着いている40代以上の女性の場合はマンモグラフィー検査で精度の高い検査が行えます。乳がん検診としてはここまでで異常の有無を確認することができ、なにかしらの病変がみつかればさらに詳しい検査を行います。

乳がん検診の検査の種類を調査

乳がん検診で行う検査には、年齢によって変わる種類があります。20代や30代の女性の場合、乳腺が発達しているためマンモグラフィー検査だけだと精度の高い検査が行えません。発達している乳腺と病変の区別がつきにくい為、マンモグラフィーと乳腺エコーを合わせて行う場合や、乳腺エコーだけを行う場合があります。乳がん検診の内容によって異なります。医療機関で行う場合、医師の問診や視触診も行います。病変が見つからなかった場合はそれで終わりますが、石灰化の多い部分や腫瘍のような病変が確認された場合はさらに詳しく調べます。方法としては、細い注射針を病変に刺し、直接細胞を吸引して調べる針生検か、太目の注射針を刺し、病変を数ミリの大きさで採取して調べるマントーム生検のどちらかを行います。精度としてはマントーム生検のほうが正確な結果を期待でき、痛みとしては針生検の方が負担は少なくなります。ここまでで高い確率で病変の結果がわかります。

乳がん検診の検査結果の内容について

乳がん検診の検査結果の内容について

乳がん検診の検査結果の内容は、石灰化を起こしている部分や疑わしい病変がない場合は異常なしと言う事で検査が終了します。石灰化を起こしている部分があったり、なにかしらの病変と疑われる部位が有る場合は再検査が必要になります。乳がん検診で再検査が必要になったからといって、必ずしも病気の可能性があるわけではありません。乳腺炎や発達した異常の無い乳腺の可能性もあります。再検査では医師による視触診や、乳腺エコー検査を行い、病変と疑われた部位を調べながら腋窩リンパ節や鎖骨リンパ節のチェックも行います。乳腺エコー検査の結果で病変の可能性があると判断された場合、病変から細胞を直接採取して検査を行います。針生体検査とマントーム検査の二種類があり、医師の判断で最適な検査方法を選びます。生体検査の結果は精度が高く、良性と判断された場合は様子を見るか部分摘出を行うかの判断になり、悪性と判断された場合は病変の広がり方や深さをさらに詳しく検査をします。

乳がん検診の結果が分かるまで

乳がん検診の結果がわかるまでの期間は、医療機関で受診した場合は当日から一週間ほどで結果が判明します。健康診断などで行った場合は一週間から三週間ほどかかります。検査機関によって変動します。乳がん検診は年齢によって検査方法が異なる事があります。二十代や三十代の若い女性の場合は乳腺が発達しているため、通常行うマンモグラフィー検査だけでは正確な判断ができません。発達している乳腺と病変の識別がしにくい為、マンモグラフィー検査と乳腺エコー検査を合わせて行う事があります。疑わしい石灰化や病変が見つからなかった場合はこれで乳がん検診は終了になりますが、なにかしらの異変が見つかった場合はさらに詳しい検査を行います。方法としては病変から直接細胞を採取して生体検査を行います。生体検査を行う事によって悪性の病変か良性の病変かの判断ができます。悪性の場合は腫瘍の大きさや深さ、リンパ節の転移などさらに詳細な検査を行います。

乳がん検診の受診をおすすめしたい人の特徴

乳がん検診の受診をおすすめしたい人の特徴

乳がん検診はとくに若い女性にもおすすめしたいものだといえます。
20代になったら定期的に乳がん検診を受けておくようにすると、早期発見することができるので早く治療することができるようになります。乳がん検診をおすすめしたい人、というのはまず乳房に違和感を感じている人、体調があまり優れないという人などです。
胸を触ってみて、しこりのようなものを感じたら、できるだけはやく乳がんの検査を受けるようにしておくことが大切です。
ですが、しこりなどを感じる前の段階で知ることができるのが理想です。なので、乳がんの検査をきちんと受けておくようにすることが大事なのです。
マンモグラフィは、乳がんの初期症状の1つの石灰化という症状を写し出すことが出来ます。このマンモグラフィは受けておくと安心だということです。また、過去のフィルムとその都度比較が可能なので、検診に使われることがあります。
自分は大丈夫だと思っていても、きちんと検診を受けておくことで安心することができます。

乳がん検診とサイズの関係

乳がんは自分で触ることでも検査を行うことが出来るがんとして知られています。触診と呼ばれる触って調べる検査は自分自身で行うことも出来ますので必要な知識を身につけることは重要であると言えます。しかし病院で行う乳がん検診はその様な触診に加えてより小さなサイズのがんであっても発見する事が出来るという特徴を持っています。
その様な乳がん検診は選択肢としてマンモグラフィと乳房超音波検査の2種類が対応可能な検査として知られています。この内マンモグラフィは小さながんでも発見できる半面、40歳以降の女性でなければ有効でないと言われています。一方超音波で行う検査の場合には全年齢を対象に行うことが出来ます。この様な特徴がありますので自分自身の年齢と状態に合わせた検査を医療機関と相談して決めるのが良いでしょう。但し若い年代の人がマンモグラフィを行っても意味のある検査にはならないと言われていますので、このケースだけは除外した方が良いでしょう。

乳がん検診受診の注意点について

乳がん検診受診の注意点について

乳がん検診は女性特有のがんである乳がんを早期発見して早期治療をしたり、乳がんが発症する前の兆候を見つけて発症を予防することを目的に行われているものです。乳がん検診では主に乳房の触診やマンモグラフィーを使って検査が行われます。マンモグラフィーでは腫瘍の有無や大きさ、形、石灰化の有無を調べることができます。乳がんの約半数は石灰化しますが、石灰化したものは触診では発見できないくらい小さいもので、マンモグラフィーで調べることで発見することができます。乳がん検診を受けるときの注意点はマンモグラフィーで乳房を圧迫する際に多少の痛みを伴います。検査自体は10分ほどですが、乳房を圧迫している時間は数十秒です。痛みの感じ方は個人差がありますが生理前には乳房が張って痛みを感じやすい場合があるので避けるようにすると良いです。妊娠中やその疑いがある場合には検査を受けることができません。また心臓ペースメーカーを留置していたり、豊胸手術でシリコンパックを乳房内に留置している場合には検査を受けることができません。

乳がん検診受診前日の注意点

胃カメラや大腸カメラなどを受けたことがある人は、検査の前日には食事制限や指定された薬を飲むなどの準備が必要な事を知っているはずです。
そのため、乳がん検診でも前日になにかしておかなければいけないことがあるのではないかと考える方もいるでしょう。
しかし、乳がん検診は体の内部に検査機器を入れて行う胃カメラや大腸カメラなどと違って、体の外側から行うマンモグラフィやエコーといった検査が主となりますので、前日にしておかなければいけないことは特にありません。
ただ注意点としてあげるのであれば、検査の性質上乳房の状態が重要となってくるため、生理前や生理中と重なる日時に受診予約を入れることは避けた方がよいということです。
なぜなら、生理前や生理中は乳房が張ったり、痛みを感じたりするという不調を感じることが多いからです。
こうした不調には個人差はありますが、検査の精度に影響を与える可能性があるため、出来るだけ生理周期を把握して問題ない日時に受診することが望ましいといえます。