意外と知らない乳がん検診の費用について

意外と知らない乳がん検診の費用について

乳がんは、ライフスタイルの変化などから近年日本女性にも急増している病気です。
発症率は20人に1人とも言われ、40代後半から50代前半がピークです。
このように、乳がんはとても身近な病気であり、何より初期に発見することが望ましいです。
そのためには、定期的な乳がん検診を受けることが重要とされています。
では、乳がん検診の費用はどのくらいかかるのでしょうか。
検診内容や、個人的に受けたか自治体の検診で受けたか、会社負担で受けたかによっても変わってきます。
自治体による乳がん健診は、2年に1度という頻度で案内しているところが多く、自治体のホームページや会報などで知ることができます。
費用は、市町村によって違いますが、自己負担額は0円~3000円前後のところが多いです。
個人的に受けると全額負担の場合が多く、 マンモグラフィ検査が5000円前後、超音波検査が3500円前後、両方受けた場合は10000円前後になります。
ただし、自覚症状がある方が医療機関に行き受診した場合は、保険診療になります。

乳がん検診の料金相場を調べる

乳がん検診の料金相場は、検査内容によって異なってしまいます。乳がん検診をするときに選べるケースもありますが、受診するときの歳によって、マンモグラフィー検査だけで精度の高い検査を場合や、追加で乳腺エコー検査を行う必要があるケースがあります。二十代から三十代の女性は乳房が発達しているので、マンモグラフィーだけでは病変と乳腺の判断がつきにくいので、乳腺超音波エコー検査と一緒に行います。マンモグラフィーだけの場合の料金相場は平均的に5.000円程度となります。これにオプションとして乳腺超音波エコー検査を付属する場合はマンモグラフィーと合わせて8.500円ほどになります。乳がん検診は身体にかかる負担が少なく、時間も短めに終わるので受診しやすい検査です。定期的に乳がん検診に行くことで生命に関わる危険な病気を早期発見できます。乳がんは早期発見をして早期治療をすることで再発リスクを抑えられ予後を明るくできます。