乳がん検診の受診をおすすめしたい人の特徴

乳がん検診の受診をおすすめしたい人の特徴

乳がん検診はとくに若い女性にもおすすめしたいものだといえます。
20代になったら定期的に乳がん検診を受けておくようにすると、早期発見することができるので早く治療することができるようになります。乳がん検診をおすすめしたい人、というのはまず乳房に違和感を感じている人、体調があまり優れないという人などです。
胸を触ってみて、しこりのようなものを感じたら、できるだけはやく乳がんの検査を受けるようにしておくことが大切です。
ですが、しこりなどを感じる前の段階で知ることができるのが理想です。なので、乳がんの検査をきちんと受けておくようにすることが大事なのです。
マンモグラフィは、乳がんの初期症状の1つの石灰化という症状を写し出すことが出来ます。このマンモグラフィは受けておくと安心だということです。また、過去のフィルムとその都度比較が可能なので、検診に使われることがあります。
自分は大丈夫だと思っていても、きちんと検診を受けておくことで安心することができます。

乳がん検診とサイズの関係

乳がんは自分で触ることでも検査を行うことが出来るがんとして知られています。触診と呼ばれる触って調べる検査は自分自身で行うことも出来ますので必要な知識を身につけることは重要であると言えます。しかし病院で行う乳がん検診はその様な触診に加えてより小さなサイズのがんであっても発見する事が出来るという特徴を持っています。
その様な乳がん検診は選択肢としてマンモグラフィと乳房超音波検査の2種類が対応可能な検査として知られています。この内マンモグラフィは小さながんでも発見できる半面、40歳以降の女性でなければ有効でないと言われています。一方超音波で行う検査の場合には全年齢を対象に行うことが出来ます。この様な特徴がありますので自分自身の年齢と状態に合わせた検査を医療機関と相談して決めるのが良いでしょう。但し若い年代の人がマンモグラフィを行っても意味のある検査にはならないと言われていますので、このケースだけは除外した方が良いでしょう。