乳がん検診をお得に受診する方法

乳がん検診をお得に受診する方法

乳がん検診をお得に受けられるのは10月です。女性に関係が深い乳がんの知識を深めるために、定められている月だからです。街頭で乳がんの予防が活発に呼びかけられている月でもあります。乳がん検診を実施する施設では、お得に受診できる月を設定すれば予防に関心を持ってもらえると見込んでいることが多いです。したがって、乳がん予防月間と決められている10月に乳がん検診を受けるのはお得であると考えられます。一方で、検診クリニックが先導した結果として受診料が安くなるのではなく、10月であること自体が理由となる場合もしばしばです。前述のとおり、乳がんへの関心が高まる月には、受診料にかかわらず乳がん検診を希望する人が殺到します。検診クリニック側としては、施設利用者が多くなれば受診料の値下げを検討することが少なくありません。その結果として、今日のように10月は乳がんの検診を安く受けられるようになったとも考えられます。

乳がん検診をお得に受けたい

最近は、女性の病気に対しても医療保険なども特別な扱いになっています。それだけ女性特有の病気に罹る人も多いということなのです。そういった婦人科系の病気としては、乳がんや子宮がありますが、中でも乳がんはセルフチェックもしやすいものになります。
しかし、ある程度の年齢になったら、年に一度くらいの割合で定期的に検診を受けたほうがいいでしょう。乳がん検診としては、外科の医師による触診やレントゲンを撮るマンモグラフィなどがあります。触診は触ることでしこりなどを確認していくのですが、しこりを発見しにくいこともあります。ですから、マンモグラフィで乳房のレントゲンを撮り、異常がないかどうかを診るようにします。
乳がん検診というのは通常保険適用外であり、自費になるのですが、上手に受けるようにするとお得に受けられることがあります。職場によっては、全額や一部補助になったり、市区町村などで年齢などで無料になることもあるのです。