乳がん検診の検査結果の内容について

乳がん検診の検査結果の内容について

乳がん検診の検査結果の内容は、石灰化を起こしている部分や疑わしい病変がない場合は異常なしと言う事で検査が終了します。石灰化を起こしている部分があったり、なにかしらの病変と疑われる部位が有る場合は再検査が必要になります。乳がん検診で再検査が必要になったからといって、必ずしも病気の可能性があるわけではありません。乳腺炎や発達した異常の無い乳腺の可能性もあります。再検査では医師による視触診や、乳腺エコー検査を行い、病変と疑われた部位を調べながら腋窩リンパ節や鎖骨リンパ節のチェックも行います。乳腺エコー検査の結果で病変の可能性があると判断された場合、病変から細胞を直接採取して検査を行います。針生体検査とマントーム検査の二種類があり、医師の判断で最適な検査方法を選びます。生体検査の結果は精度が高く、良性と判断された場合は様子を見るか部分摘出を行うかの判断になり、悪性と判断された場合は病変の広がり方や深さをさらに詳しく検査をします。

乳がん検診の結果が分かるまで

乳がん検診の結果がわかるまでの期間は、医療機関で受診した場合は当日から一週間ほどで結果が判明します。健康診断などで行った場合は一週間から三週間ほどかかります。検査機関によって変動します。乳がん検診は年齢によって検査方法が異なる事があります。二十代や三十代の若い女性の場合は乳腺が発達しているため、通常行うマンモグラフィー検査だけでは正確な判断ができません。発達している乳腺と病変の識別がしにくい為、マンモグラフィー検査と乳腺エコー検査を合わせて行う事があります。疑わしい石灰化や病変が見つからなかった場合はこれで乳がん検診は終了になりますが、なにかしらの異変が見つかった場合はさらに詳しい検査を行います。方法としては病変から直接細胞を採取して生体検査を行います。生体検査を行う事によって悪性の病変か良性の病変かの判断ができます。悪性の場合は腫瘍の大きさや深さ、リンパ節の転移などさらに詳細な検査を行います。