こんなこともできる!乳がん検診の豆知識

こんなこともできる!乳がん検診の豆知識

乳がん検診でマンモグラフィーを使った検査がありますが、これはエックス線により乳がんを発見する装置で、乳がんの早期発見に役立っています。
この検査により微小な段階のがんも発見可能で、乳房を広範囲に撮影しすることが可能です。
また、エコー診断(超音波診断装置)で、乳房の外から超音波により正確な腫瘍の位置を判別します。
触診も重要で、ある程度進行しているがんは触診にて発見が可能です。
腫瘍が触診で確認できる大きさの場合、転移などの懸念を考えてCTスキャンやMRIなどのエックス線画像診断により検査が行われ、正確な病変の位置や大きさステージが診断されるでしょう。
マンモグラフィー検査には、エックス線被曝の心配が懸念され、40代以降2年に1度程度をめどに行うと良いでしょう。
乳がん検診ではなく、全身人間ドックでも同様のことが行われ、血液検査の主要マーカーでも病気が特定できるので、豆知識として知っておくと良いでしょう。

乳がん検診お役立ち情報局

世界的に推奨されている乳がん検診、早期に発見することが出来れば、女性の命ともいえる大切な乳房を失わずに済み、手術のリスクも格段に低くすることができます。日本でも三十代に入れば定期的な検診を受けたほうが良いとされており、最近では住んでいる地域の自治体のほうから、乳がん検診の案内が届くようになっています。この乳がん検診は、様々な検査に分かれており、問診、触診、超音波検査とありますが、四十代に入ればさらにもっと詳しく調べることのできる、マンモグラフィー検査も受けたほうが良いとされています。この検査は、二枚の板に乳房を挟み力を加えて薄くしていくので、痛みが強いといわれており、躊躇してしまう女性が多いといわれています。そこで、検査を受けやすくするお役立ち情報をあげるとすると、検査を受ける時期を選ぶと苦痛が少ないといわれており、最適なのは生理が終わった後、乳房が張っていない状態がもっとも楽に検査を受けられるといわれています。