乳がん検診の検査項目の内容について

乳がん検診の検査項目の内容について

乳がん検診は受診する医療機関によって異なる部分もありますが、検査項目としては医師による問診と視触診から始まり、マンモグラフィー検査や乳腺エコー検査を行います。医師による問診と視触診の内容は、過去の病歴や出産経験などを問診し、視触診では乳房と腋窩リンパ節や鎖骨リンパ節にしこりが無いかを触診し、視診は皮膚に炎症が無いかと乳頭からの分泌液に異常がないかをチェックします。その後、マンモグラフィー検査か乳腺エコー検査を行いますが、年齢によって変わってしまいます。20代や30代の女性の場合、マンモグラフィー検査だけでは発達している乳腺と病変の区別がつきにくく、精度の高い検査ができないため乳腺エコー検査と合わせて行います。乳腺の発達が落ち着いている40代以上の女性の場合はマンモグラフィー検査で精度の高い検査が行えます。乳がん検診としてはここまでで異常の有無を確認することができ、なにかしらの病変がみつかればさらに詳しい検査を行います。

乳がん検診の検査の種類を調査

乳がん検診で行う検査には、年齢によって変わる種類があります。20代や30代の女性の場合、乳腺が発達しているためマンモグラフィー検査だけだと精度の高い検査が行えません。発達している乳腺と病変の区別がつきにくい為、マンモグラフィーと乳腺エコーを合わせて行う場合や、乳腺エコーだけを行う場合があります。乳がん検診の内容によって異なります。医療機関で行う場合、医師の問診や視触診も行います。病変が見つからなかった場合はそれで終わりますが、石灰化の多い部分や腫瘍のような病変が確認された場合はさらに詳しく調べます。方法としては、細い注射針を病変に刺し、直接細胞を吸引して調べる針生検か、太目の注射針を刺し、病変を数ミリの大きさで採取して調べるマントーム生検のどちらかを行います。精度としてはマントーム生検のほうが正確な結果を期待でき、痛みとしては針生検の方が負担は少なくなります。ここまでで高い確率で病変の結果がわかります。