乳がん検診施設を選ぶポイント

乳がん検診施設を選ぶポイント

乳がんは40歳代からなる人が多いため、自治体の乳がん検診は40歳からを対象年齢としています。それ以下の年代でも乳がんが発見される人がいます。親族に乳がん患者がいたり、ホルモン補充療法の経験があったり、ピルを使用している場合などは、早めの乳がん検診をお薦めします。乳がん検診は、外科の乳腺外来になります。乳がん検診を受ける施設を選ぶ時は、知人などに評判を聞いてみるのも参考になります。マンモグラフィやエコーの画像診断はそれぞれ長所と短所があり、年齢や乳腺の発達の仕方や脂肪の付き方などによって見え方が違って来ます。そのため、両方が出来る施設を選びましょう。検診項目に視診や触診がありますし、画像解析も大変難しい物なので、早期発見して貰うために、乳腺専門医や乳腺認定医がいる施設を選ぶようにしましょう。常勤でいない施設でも、診察に来ている場合がありますので確認して下さい。探し方が判らない時は、日本乳癌学会のホームページに、専門医や施設を公開していますので参考にしてみるのも良いですね。

施設選びから始まる乳がん検診

現在、日本人女性の20人に1人は乳がんにかかるといわれており、残念ながら乳がんで亡くなる人も増えていますが、早期発見があれば9割以上が治癒するといわれており、そのための乳がん検診の受診は不可欠のものといえます。こうした乳がん検診で精度の高い診断をしてもらうためには、やはり受診する施設選びを誤らないということに尽きます。
その選び方のポイントですが、まず、乳腺外来などの専門の外来窓口を設けている病院などを探すことが挙げられます。実際の病院では外科、放射線科、婦人科などのさまざまな外来で受け付けていることが多いようですが、もし専門外来があれば、より詳しい検査が可能になります。
また、知識・経験のある医師や必要な検査設備がそろった施設で受診することも大切です。例えば、日本乳がん検診精度管理中央機構では、マンモグラフィーなどの最新の検査整備が整った施設をリストアップしてホームページに掲載していますので、こうしたものを活用するのがよいでしょう。

 

乳がん検診のクリニックをお探しならマーソ(MRSO)で検索